MENU

大阪のエピレーシック人気ランキング

エピレーシックという視力矯正手術があります。大阪でも最近多くなってきていますが、普通のレーシックと比べればまだまだ知名度は低いでしょう。このエピレーシックは、普通のレーシックやイントラレーシックのように角膜上皮層の内側まで削り取ることなく、極薄の角膜上皮層のみを特殊なブレードで剥がします。いままでのレーシックでは、直線的なブレードやレーザーを使っているため、ある程度の角膜の厚みがなければ受けることができませんでした。エピレーシックでは、レーシックが受けられない方でも受けていただくことができるほど薄い剥離が可能になりました。この剥がした組織はフラップと呼ばれ、施術後にはまた目に被せられますが、治療終了後には新陳代謝によって新しく角膜上皮が作られ、必要なくなります。今までのレーシックでは、削り取った角膜が癒着するように治療していくものですから、スポーツをされている方やちょっとした衝撃を受けた方などでフラップがずれてくっつくと視界にひずみが出たりしましたが、エピレーシックではそれはありえません。他のレーシックより施術中や治療中の痛みが強く、施術後は極端に視力が落ちてしまうために片目ずつしか受けていただけないなどのネックはありますが、普通のレーシックを受けるよりも視力回復が実感できるというデータもあります。もしレーシックを断られても視力回復手術を諦めていない方でしたら、一度大阪の専門医のカウンセリングを受けられてみてはいかがでしょうか。

 

大阪 老眼レーシック レーシック手術 名古屋